ニット専業メーカー【GIM co.,ltd./株式会社ジム】 | ウールは冬暖かく、夏涼しい |

 
HOME > What's WOOL/ウールって? > ウールは冬暖かく、夏涼しい
 


【1.冬暖かく、夏涼しい】

まず、ウールのセーターを着ると暖かい。これは皆さんご存知ですね。

ではなぜか。

ウールの繊維は1本1本が縮れています。(この縮れをクリンプと呼びます)
クリンプのおかげで、ウールは空気を含みやすく、外気との間に空気の層を作り出します。
この空気が断熱材となり、外気の暑さ、寒さを防いでくれるのです。
また、熱伝導率が低いという特徴も要因のひとつです。



さらに、 繊維は湿気を吸収すると「吸着熱」と呼ばれる熱を発生します。
繊維によって発熱量はまちまちですが、ウールから発生されるこの「吸着熱」は他の繊維よりも圧倒的に大きいのです。
その大きさは冬山で遭難したとき、「肌着にウールを着用しているかどうかで生死がわかれる」と言われるほど。


繊維の吸湿による発生熱量(cal)
(繊維1g当たりの吸湿発生熱量)


また、ウールは吸収した水分をゆっくりと蒸発させる為、汗冷えを抑えられます。
急速に蒸発させる化学繊維の場合、気化熱により体温を奪われ、ゾクゾクとした寒さを感じることもあります。


しかも、暖かいだけじゃないのがウールのすごいところ。
夏は涼しく感じられるという特徴もあるのです。
繊維の内部に水分を保つことで、蒸れた感じを受けにくいので、無駄な汗をかきにくい。
前述した熱伝導率の低さで外気の暑さを伝えにくいからなのです。

 
 

このページを含むウールの説明及び画像に関して、Australian Wool InnovationのHPより抜粋または参考にしております。
Australian Wool Innovation HP
ウールとは? ウールの基礎知識 ウールとは? ウールの基礎知識 雑誌掲載情報/Begin/Safari ニット専業メーカーgim オフィシャルオンラインショップ【Knit-gallery/ニットギャラリー】 corsini/コルシーニ オフィシャルサイト
ニット専業メーカー【gim/ジム】 展示会のご案内
 

| ホーム/HOME | 新着情報/NEWS | ブランド/BRANDS | 展示会のご案内/EXHIBITION | プレス情報/PRESS | 会社概要 /COMPANY PROFILE| 

お問い合わせ/CONTACT
 | ウェブショップ【Knit-gallery/ニットギャラリー】/ONLINE SHOP | 採用情報/RECRUIT |株式会社ハイパーハイパー/HYPER HYPER co.,ltd


アメカジショップ『Aeropostale/エアロポステール』セレクトショップ『AUVIEUX CONTINENT/オービューコンティネント』セレクトショップ『GIVELIFE/ギブライフ』ゴスロリ通販『PUTUMAYO/プトマヨ

 
CopyRight (C) GIM co.,ltd. All Right Reserved.